介護ソフトは導入して損は無い|訪問介護に必要だモン

介護

パッケージタイプの利点

介護

介護ソフトは、今や介護施設や訪問介護の場で欠かせないものになってきまいた。介護ソフトの料金・費用はそのソフトのタイプによって異なります。基本的にはASP型やパッケージ型の2種類となります。また、事業規模やサービス形態によっても大きく違ってくるので、一概に「料金はどのくらい」とは言えません。介護型にはいくつもの種類があるので、まずは事業所のスペックを出し、各ソフトの費用の見積もりを取るようにしましょう。ここでいうスペックというのは、施設に設置してある設置パソコンの数や職員の数、サービス形態などです。見積もりの結果とそのソフトの評価や口コミを見て、取り扱い方法や使い勝手など、様々な面を比較しながら検討しましょう。介護ソフトには居宅介護専用と訪問介護専用の2タイプがありますが、どちらもパッケージ型とASP型の2種類に分けることができます。

介護ソフトは主にASPタイプとパッケージタイプの2つに分けることができます。パッケージ型は基本的に導入時に一括で料金を支払うシステムとなっています。その時に必要な分のコストを準備しておく必要がありますが、その分毎月のコストが発生することはありません。長期間使うことで、事業規模の拡大化次第で大きなメリットを生むことができます。そのため規模の大きな事業所はこのパッケージ型を導入している傾向にあります。最近はパッケージ型を購入した際、分割購入ができるケースも増えてきています。またリース契約ができるところもあるので、月額単位での支払いも可能です。以前のように、はじめの段階である程度まとまったお金を用意する必要はいらなくなりました。介護ソフトは、介護施設の中だけでなく、訪問会介護の際にも利用することができます。訪問介護専用の介護ソフトに関しても、一般的なソフト同様複数のメーカーが販売しているので、見積もりや口コミ評価を見た上で選ぶようにしましょう。