下肢静脈瘤の病気を解明!なりやすい人や年齢って?

下肢静脈瘤の治療法を一挙紹介!人気の治療法ってどんなもの?

下肢静脈瘤の病気を解明!なりやすい人や年齢って?

相談

下肢静脈瘤という病気

人間の体を巡る血液は血管という管を通っています。血液の流れには一定の決まりがあるため、逆流などのトラブルが起きないように血管の内部には弁がついているのです。この弁が異常を起こしてしまうと血液の流れが乱れ、血管内に溜まってしまうことがあります。ふくらはぎや太ももなどにこのような症状が現れてしまうことを下肢静脈瘤と言うのです。

相談

なりやすい年代と性別

下肢静脈瘤はある年齢と性別がなりやすいという統計があります。この病気の発症率を男女で比べた場合、女性の方が発症しやすいという結果になりまた年齢も30代を過ぎた辺りから急増する傾向にあります。加齢に伴い、血管自体が老化しやすくなるという理由と女性ホルモンの低下ということが原因の一部とされているようです。

聴診器

下肢静脈瘤になったら

下肢静脈瘤になったからといって、命に関わるようなことはないとされています。しかし放っておいて治る病気でもありません。この病気を治したいのであればきちんとした治療を受ける必要があるので、治療方法について事前に調べておくといいでしょう。

医者

行なわれる治療

保存療法、レーザー手術、ストリッピング手術、高位結紮、効果療法など多くの治療が下肢静脈瘤に対して行なわれています。最近では手術後の傷跡も目立たず、体への負担も少ないというメリットが多い血管内焼灼術(レーザー手術)が人気がありますよ。この治療が保険適応になったのも人気の理由になっているでしょう。

下肢静脈瘤の人気治療ランキング

病院
no.1

血管内焼灼術(レーザー手術)

下肢静脈瘤で多くの患者に選ばれている治療が、血管内焼灼術(レーザー手術)となっています。手術時間も短く、治療を受けた翌日には通常の生活を送ることが出来るほど負担が軽いものとなっていることが人気の理由とされています。

no.2

ストリッピング手術

ストリッピング手術は機能していない静脈瘤のある血管を抜去する手術になっています。下肢静脈瘤の手術としては最も歴史が長く、その歴史は100年前から続いている治療法となっているのです。保険適応の治療となっているため負担額も少ないという部分が人気ランキングに入っている理由ですね。

no.3

硬化療法

硬化療法は細い下肢静脈瘤の治療に適している治療となっています。また注射によって治療を行なうため、手術などに比べて精神的な不安が少ないとされています。10分程度で終わる治療となっているため、忙しい方でも受けることが出来るという部分が多くの方に好評とされていますよ。

no.4

高位結紮

高位結紮は効果療法と併せて行なわれることの多い治療となっています。そのため人気治療ランキングでは4位に選ばれているのですが、単体での治療では病気の再発率が高いというデメリットもあるので、医師と相談しながら選択する患者が多いとされていますよ。

no.5

圧迫療法

圧迫療法は保存療法として人気のある治療法となっています。下肢静脈瘤の進行や症状の緩和が目的で病院に通わなくても自宅で行なえるという部分が人気の理由となっています。しかし圧迫療法では下肢静脈瘤自体の完治は難しいと言われています。

広告募集中