介護ソフトは導入して損は無い|訪問介護に必要だモン

介護

パッケージタイプの利点

介護

介護ソフトは、大きく分けてパッケージタイプとASPタイプの2種類に分けることができます。パッケージタイプは基本的に導入時に購入費用を支払うため、初期導入時にまとまったお金が必要になります。

Read More >>

介護ソフトのトレンド

訪問介護の介護ソフトのトレンド

介護

介護ソフトは現在では訪問介護にも利用されるソフトです。利用する事で様々なメリットを得る事が出来るソフトですので、多くの介護事業で利用されています。 現在では、介護ソフトを訪問介護に活用する際に、多くの情報を整理する事が出来る取り組みがされています。そのため、多くの介護ソフトが様々な情報を整理する事が出来るソフトであり、トレンドとなっています。 介護ソフトを利用する事で、訪問介護に必要な情報を全てまとめる事が出来ます。訪問介護では、利用者別に注意事項や備考などの情報が必要になりますが、簡単に管理をする事が出来ます。その他には、訪問先の住所などの必要な情報も整理する事が出来ますので、欲しい情報をすぐに表示させる事が出来るように取り組みがされています。

訪問介護事業所で使用可能な介護ソフト

訪問介護事業所では、各利用者の異なるニーズに向けて様々なサービス提供をケアマネジャーとの連携の元、訪問介護サービスを提供していきます。 そのため、サービス提供を適宜記録したりあるいはケアマネジャーとの連携を示すことができる介護ソフトの導入が求められるところです。 紙ベースでの記録には限界があり、介護ソフトを導入することである程度の省力化にはつなげることが可能です。しかしながら、訪問介護サービス提供を迅速に記録するという点で、スピード感を持って対応ができるかどうか、そういった視点でも介護ソフトの導入を考える必要があります。 訪問介護サービス終了後にたとえばクラウドサービスを導入されているような介護ソフトに記録すれば、データの紛失等の心配も少なくて済むというメリットもあります。

導入前に検討しておくこと

介護

ASP型は初期導入時に費用を必要としないため、前もってある程度の費用を用意しておく必要もありません。毎月の使用料金を支払い続けるかたちなるため、事業規模が小さい場合は適していると言えます。

Read More >>

ランキングサイトは便利

介護

訪問介護ソフトの導入を検討している方は、訪問介護ソフトの売上ランキングが掲載されているランキングサイトを参考にしましょう。ランキングサイトの中には、順位の他にも評価や具体的な料金が掲載されています。

Read More >>